運動で下げる中性脂肪

中性脂肪値が高い、どうしよう?とお困りの方、大丈夫です。これからの生活習慣を変えることによって中性脂肪を減らすことができます。改善するための方法として幾つかありますが、何といっても効果的なのが、やはり「運動する」こと。日々運動を心がけることで、体の基礎代謝を上げ、脂肪の燃焼効率を高めます。そうすれば、たとえ食事量が増えたとしても、代謝によって脂肪が燃焼されるので問題ありません。まずは、中性脂肪のつきにくい体づくりからはじめましょう。

では、どんな運動が良いのでしょうか? それは有酸素運動です。息を吸ったり吐いたりして呼吸を整えながら、ゆっくりと時間をかけておこなう運動のことで、多くの酸素を取り込みながら脂肪をエネルギー源として燃焼していきます。水泳やサイクリング、エアロビクス、ジョギングなどがこれにあたります。激しい運動をする必要はないのですが、そのかわりマイペースで休まないことが大切。朝起きて軽くジョギングをしたり、水泳なら泳がなくても、水の中で歩くだけでも効果があります。あえて時間を割いて運動をするというのが難しい方は、日常生活の中で少し意識をして、行動パターンを変えるだけでも構いません。通勤や通学するときに交通機関を利用せずに歩いたり、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使ったり、自宅の階段を使ってアップダウン運動をするなど、ウォーキングなら手軽にはじめられるでしょう。

また有酸素運動は、1日30分以上続けることで効果を発揮すると言われています。というのも運動をしているときに燃焼されるエネルギーは、グリコーゲンにはじまり、糖質、脂肪の順番で使われるため、脂肪が燃焼されるまでには30分以上が必要なのです。毎日コツコツと30分。家族や友達なども誘って、楽しみながら長く続けられるよう取り組みましょう。こういった日々の運動が、血管を活性化させ、血栓のできにくい健康な体をつくりあげてくれます。